【インテリジェンスを醸し出しつつ、爆笑してもらう】

「いたぞ、連れて行け!」一瞬でバレちまう!プログラマを狩る質問

そこに隠れているな!いたぞ、連れて行け!何故だ、一瞬でバレちまう!
プログラマかどうかを見分ける質問!ハッシュタグ『#プログラマ狩り』が話題です!
 

「ここにプログラマーは居るか」
 
ABC「いません。」

 

「ならば、次の文のおかしな点を答えろ。」「I am a pen.」
 
A「英語わかんないよぉ…ふぇぇ…」
B「私がペンなのはおかしい。」
C「全角スペース。」
 
「いたぞ、連れて行け。」

 

「では質問だ。//5+3の答えは?」
 
A「8です」
B「8です」
C「早く質問してください」
 
「いたぞ!連れて行け」

 

「x=1とする。x==1は?」
 
A「は?」
B「イコール多くない?」
C「true」
 
「いたぞ、連れて行け。」

 

「パンを2個、もし卵があれば3個買ってこい」
 
A「パン2個と卵3個買った」
B「パン2個買って卵無かった」
C「卵があったからパン3個買った」
 
「いたぞ連れていけ」

 

「この棚の書類を全部ダンボールに入れといてくれ」
 
A「わかりました」
B「いつまでにやったらいいですか」
C「ダンボールの名前何にします?」
 
「いたぞ、連れて行け。」

 

「適当に区切りのいい数字を言え」
 
A「5000」
B「1000」
C「1024」
 
「いたぞ、連れて行け。」

 

「このマスになにか言葉を書け。3秒以内」
 
A「こんにちわ」
B「ありがとう」
C「ほげほげ」
 
「いたぞ、連れて行け。」

 

「仕様変更(ボソッ)」
 
A「?」
B「?」
C「」ガタガタガタガタ
 
「いたぞ、連れて行け。」

 

「まず点呼を取る!番号!始め!」
 
A「0!」
 
「いたぞ、連れて行け。」

 
 

,

顧客が本当に必要だったもの

顧客が説明した要件
顧客が説明した要件
プロジェクトリーダーの理解
アナリストの設計
プログラマのコード
営業の表現、約束
プロジェクトの書類
実際の運用
顧客への請求金額
得られたサポート
顧客が本当に必要だったもの
ITビジネスにおける多難なシステム開発プロジェクトの姿を風刺した絵