何のために生まれて何をして喜ぶ

宗教『こう生きなさい』
哲学『なぜ生きるのか』
科学『生きるとは何か』
文学『もしこう生きられたら』
芸術『これが生きる形だ』
歴史『それが生きた証だ』
美学『そうやって生きたい』
世論『生きてさえいればいい』
医療『生かしてみせる』

役所『生きている事にする』

カップサイズは隠語で呼ぶんだよ


「カップサイズは隠語で呼ぶんだよ。
 BはBeautiful(ビューティフル)
 CはCute(キュート)
 DはDeluxe(デラックス)
 EはExcellent(エクセレント)
 FはFantastic(ファンタスティック)
 GはGorgeous(ゴージャス)」


「へ~!ところで、Aカップは?」


「Accident(アクシデント)」

人はなぜ恋をするのか?

精神看護学の教授

「人間は頭でっかちになりすぎて、動物のように体が大きいとか鳴き声が綺麗とか単純な基準で繁殖相手を選べなくなってしまいました。
そのままでは滅ぶので思考停止するために恋をするんです。恋は精神疾患です」

ブラックじいさん・ブラックばあさん

じい「ばあさんや。大きなカブできてのう。抜くのを手伝ってくれんか。」
ばあ「それはいい。ただじいさんや。私もカブを抜くので3徹なんじゃよ。」

じい「」
ばあ「孫娘も犬も猫もみんな2〜3徹。」

じい「」
ばあ「じいさん、今月残業何時間?」

じい「90…」
ばあ「できるね?」

じい「…はい。」

見てはいけないものを見た社畜

乙姫は去り際に言いました。

乙姫「このソースコードは決して開けてはいけません」
新任SE「わかりました」

乙姫以下既存メンバーが去ったあと、右も左も分からない新任SEは、すがる思いでソースコードを開きました。

// この処理が無いと何故かエラーになる

金のオノ、銀のオノ(社畜篇)

女神「お前が落としたのは年収1000万のキツい仕事か、それとも年収300万の楽な仕事か」
社畜「年収300万の楽な方です」

女神「正直者よ、両方の仕事を与えよう」
社畜「両方の仕事」

女神「そして2つをこう合わせると、年収300万のキツい仕事になる」
社畜「キツい仕事」