今も昔も変わらぬもの

かつて日本では17文字という制限の中で
うまいこと言う遊びが流行し、

今また140文字以下という制限の中で
うまいこと言うのが流行っている。

前者の魅力に取り憑かれた者は「俳人」と呼ばれ、
後者のそれは「廃人」と呼ばれた。

 

まさお
「5・7・5の俳句」と「140文字のtwitter」でハイジンを掛けている点は評価できるが、「うまいこと言う」という表記が雑なのが残念。
ゆかっぺ
惜しいんだけど、何か違う。

カッパは英語で?

「虎は英語で?」
⇒タイガー

「竜は英語で?」
⇒ドラゴン

「ではカッパは?」
⇒河童??(分からない・・・)

「カッパは英語でレインコートです」

 

まさお
発想の転換を生かした素晴らしい作品。相手に簡単な質問に答えてもらうことで流れを作り、自分ゴトがさせ、最後に期待を外すというキラー手法。恐れ入ります。
さーや
(帰ったら家族に試してみよ。)

私のおすすめ

A「お皿を洗うのに、何を使ってる?」
B「いろいろ試したけど、夫がいちばんね。」

 

だい
何と自然な流れで旦那をモノ扱い・・・。
ゆかっぺ
激しく共感。

ロジカルシンキングの罠

「やさしさの半分は下心で出来てる」
⇒納得できます。

「バファリンの半分はやさしさでできている」
⇒CM流れてます。

つまり
「バファリンの4分の1は下心で出来てる」となります。

女性の皆様、バファリンには注意です。

 

まさお
1/4が下心ということは女性がバファリンを飲むとどうなるということなのだろう?
ゆかっぺ
↑だ・ま・れ。

お肌の手入れ

あるOL女性の会話。

A「なんでこんなにお肌キレイなの?化粧品何使ってる?」
B「ん~、Photoshop~」
A「Photoshopか~、高いんだよなぁ」

 

だい
何使ってる?フォトショ~。だけで終わらず、高いんだよなーという2段攻撃で面白さを倍増させている点を評価。
ゆかっぺ
フォトショップは化粧品の中では決して高くない。

生オムライス

嫁からのメールで
「今日の晩御飯は生オムライスです(笑)」と来たので、

「何それ、めっちゃ美味しそう!」
と思ってワクワクしながら帰ったら、ただの卵かけご飯だった。

 

まさお
「生オムライス」という造語を作ったところまでは良いが、最後のオチが「卵かけご飯」というのはインパクトが弱い。出オチ感が強い。
ゆかっぺ
「生オムライス」という響きは別に美味しそうではない。