恐怖のおっぱい事件

あるところに小さな男の子がいた。
男の子は幸せな家庭に生まれ、何不自由することなくすくすくと育っていた。

ところが、その男の子に弟が生まれた。
すると、両親は弟ばかりをかわいがるようになり、
男の子は今までのようにかわいがってもらえなくなり、面白くないと思っていた。

ある日、男の子は弟を殺してしまえば両親の愛情をもう一度独占できると考え、
家族の寝静まった夜中に布団を抜け出してお母さんの乳首に毒を塗った。
これで明日の朝になれば、弟はお母さんのおっぱいを吸って死ぬだろう。

男の子は自分の布団に戻ると、明日が来るのを待ち遠しく思いながら眠りについた。

そして翌朝・・・・・・
男の子が目を覚ますと、お父さんが死んでいた。

 

だい
なんと恐ろしい話。「怪談話」や「すべらない話」で使えそうだね。

「恐怖のおっぱい事件」への2件のフィードバック

  1. ☆☆☆☆☆☆
    コピペなどではなくオリジナルコンテンツで勝負すべき。我々が見たいのはネタを通じた貴方の個性・人格です。そもそも権利関係はどうなっているのでしょうか?許諾は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。