会社の色

あるサラリーマンの会話。

A「うちの会社ブラックだわ~」
B「いいじゃねぇか、まだ色があるだけ」

A「そっか、お前、ムショクだったもんな」

 

だい
短い会話の中でしっかりオチができている点が素晴らしい。俗に言うブラックジョークの中では、使い勝手も良い点は評価できる。
さーや
タイトルが平凡。

家庭内勢力図

スーパーで2・3歳の男の子が
「親分」って書いてあるTシャツを着ていてかわいいなと思っていたら、すごくガタイの良いお父さんが会計を済ませて出てきて、
そのTシャツに「子分」って書いてあった。

 

だい
クスッと笑う程度の面白さはあるが、爆笑まではいかない。このネタを披露するよりは、実際に親子でTシャツを着てスーパーに行った方が面白い。
ゆかっぺ
何が面白いのか意味不明。

親子喧嘩

ある親子が親子喧嘩をしている。
高校生の娘が夜な夜な遊びまわっていることを心配した父親が尋ねた。

父「お前、男ができたのか?」
娘「そんなの産んでみないと分からないわ」

 

まさお
父が恋人の話をしているのに対し、娘は恋人との間でできた子供の話(一歩先の話)をしている。あまりに衝撃的な返答に対する父の反応が気になる良ネタ。
さーや
斬新な切り替えしがGood!!

プロとしては辞めるべきだね

上司
「ゴジラ松井は辞め時だったよ。結果が出せないなら、プロとしては辞めるべきだね」

課内の全員
「(じゃあ、お前も早く辞めろよ・・・)」

3歳児の料理教室

もうすぐ3歳になる娘の今日のおままごと。

「パンを作りまーす。材料でーす。」
「ぶた肉です。」
「じゃがいもです、たまねぎです。」
「あと、肉です。」(またかよっ!!)
「そして・・・、肉っ!!」(どんだけー!)
「まぜます。焼きます。」(ふむふむ。)

「できましたー、クリームパンです。」

・・・錬金術師め。

隣人のおすそ分け

隣人
「あ、あの、、肉じゃが作り過ぎちゃったんですけど・・・完食しました」

褒められて伸びるタイプ


「締切がなかったらこの社会は成り立ってないからな!今や日本にとって、いや、世界にとって欠かすことの出来ない存在だ!全く、すごい奴だよ!締切!お前はすごい!」


「何してるの?」


「褒めて延ばしてる」

さーや
残念ながら、締切は褒めても伸びないよ。

幽霊が存在しないことの証明

心霊写真はね、本来なら一定の確率で
おっぱいとかちんことか出てもいいのに、

いつも足とか手とか顔とか
モラルに反しない部位しか出ない時点で作り物なんだよ。

化粧代総額いくらかけてる?

職場の皆で「今日の顔に化粧代総額いくらかけてる?」
って話になって10000円とか15000円とか言ってるなかで、
1番可愛い子が恥ずかしそうに「500円」って言ったからこれから皆でトイレの壁殴りに行く。